膨張性下剤 の 効果 と 特徴 - 便秘薬 下剤 の 種類

便秘薬と言っても市販で販売されているものから、病院で処方されるもの等、種類があります。効き目が強い物弱い物もあるので、自分に合った便秘薬を使用するようにしましょう

膨張性下剤 の 効果 と 特徴

膨張性下剤とは、多量の水と一緒に服用することで、
便が大腸内で水分を吸収し膨張して、便の量を増やすことにより
蠕動運動を活発にさせ排便を促す効果のある下剤のことをいいます。

他の下剤に比べると即効性が無く、
その分、 副作用の心配 もほとんどない安心して使用できる便秘薬です。

膨張性下剤 の 効果 と 特徴 の続きを読む

浸潤性下剤 は 効き目 が 穏やか な 下剤

浸潤性下剤は水分を吸着させる 界面活性作用 により、
大腸内の便の水分が吸収されるのを防ぐことで、
便を柔らかくすし排便を促す効果のある便秘薬のことです。

浸潤性下剤の作用 は穏やかで副作用の心配もほとんどありません。
その分どうしても効果が弱いので浸潤性下剤だけで
便秘を解消することは難しいといえます。

浸潤性下剤 は 効き目 が 穏やか な 下剤 の続きを読む

塩類下剤 の 成分 と 効果

副作用もほとんどなく、長期的に使用していても
習慣性が少ない ため下剤の中では 安心 して使用できるタイプの下剤が
塩類下剤です。

塩類下剤の成分としては、
マグラックス 、 マグコロールP 酸化マグネシウム(カマ)
硫酸マグネシウム、炭酸マグネシウム
などがあります。

塩類下剤 の 成分 と 効果 の続きを読む

今日のキーワード

当サイトのRSS

カテゴリー

スポンサードリンク

Copyright (C) 2010 All Rights Reserved 即効性のある便秘解消方法 対策 予防